体験入学 今すぐ無料体験! Free Trial

梅木 駿太

Umeki Shunta
理学療法士
社会医療法人 大分岡病院

ヘルスケア領域における経営資源の統合、マーケティング、財務分析が専門。理学療法士として1万人以上の治療を経験し、研究の業績も多数。現在は経営サイドとして、健康×教育×経済に貢献している。脳科学や心理学をベースにした科学的な知見をわかりやすくビジネスに応用するセミナーにも定評がある。

所有資格

理学療法士、健康経営アドバイザー

講師実績

大分リハビリテーション専門学校、福岡国際医療福祉学院、大分大学

セミナー講師実績

福岡志恩病院、副島整形外科病院、大分中村病院、帰巖会みえ病院、天心堂へつぎ病院、臼杵市医師会立コスモス病院、サンライズ酒井病院、日本理学療法士協会、大分県理学療法士協会、大分県理学療法士連盟など

学術活動

(学術論文:査読付き)
・ 岡部陽介,梅木駿太 他:理学療法士における『理学療法の質』に関する意識調査-テキストマイニングによる検証-.大分県理学療法学 (13),6-11,2020.
・ 紙谷浩喜,佐藤雄太,藤本邦洋,梅木駿太 他:当院地域包括ケア病棟におけるFIM effectivenessと転帰先に関する調査-担当理学療法士・作業療法士の意思決定を支援する試み-.大分県理学療法学 (13),1-5,2020.
・ 幸和貴,梅木駿太 他:左右脳梗塞におけるFunctional Independent Measureの変化の比較—急性期における予備的検討—.大分県理学療法学(13),1-5,2019.
・ 幸和貴,梅木駿太 他:当院における歩行自立度判定フローチャートの妥当性の検討.大分県理学療法学(12),12-16,2019.
・ 梅木駿太,西田昂平 他:急性期脳梗塞と脳出血におけるFunctional Independent Measureの変化の比較–傾向スコアを用いたマッチング–.脳卒中(40),350-356,2018.
・ Tamari M, Umeki S et al:Relationship between white matter fiber damage and revised version of the ability for basic movement scale in patients with stroke: a diffusion tensor tract-based spatial statistic study. J Phys Ther Sci. ; 30(6):809-812, 2018
・ 幸和貴,梅木駿太 他:脳神経外科急性期における転倒・転落の特徴(第一報).大分県理学療法学(11),5-8,2018.
・ 梅木駿太,西田昂平 他:由布市地域高齢者における介護予防事業の効果測定システムの構築.大分県理学療法学(10),1-5,2017.
・ 長岡典幸,梅木駿太 他:当院における転帰先の予測に向けたフローチャートの有用性の検討−回復期リハビリテーション病院転院患者を対象として-.大分県理学療法学(10),6-9,2017.
・ 梅木駿太,西田昂平 他:由布市地域高齢者における介護予防事業の効果測定に向けた予備的検討.大分県理学療法学(9),10-15,2016.
・ 長岡典幸,梅木駿太 他:当院脳梗塞・脳出血者における介入後早期からの転帰先の予測に向けた試み−自宅退院群と回復期転院群における検討.大分県理学療法学(9),5-9,2016.

(学会発表:第2演者まで)
・ 梅木駿太,仲野悦子 他:リハビリテーション医療における臨床研究の推移に関する研究.第40回日本臨床薬理学会学術集会.2019
・ Kazuhiro Harada, Shunta Umeki et al: Effects of advice’s arrangement for therapists with rehabilitation needs on improving motor score of the functional independence measure in acute stroke rehabilitation: randomized controlled trial. 13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress (ISPRM 2019). Kobe, Japan 2019(in press)
・ Kazuhiro Harada, Shunta Umeki et al: Interim analysis of randomized controlled trial to maximize motor scores of the functional independence measure among patients following stroke in acute rehabilitation. XXIII World Congress of Neurology. Kyoto, Japan. 2017
・ 原田和宏,梅木駿太 他:脳卒中急性期患者へのリハビリテーション・ニーズ評価に基づく機能的自立度の向上:無作為化比較試験デザイン.第59回老年社会科学会大会.2017
・ 梅木駿太,西田昂平 他:由布市介護予防事業の効果測定システムの構築(第2報).第19回 大分県理学療法士学会.2017
・ 長岡典幸,梅木駿太 他:当院における転帰先の予測に向けたフローチャートの有用性の検討−当院自宅退院患者を対象として−.第34回大分県病院学会.2017
・ 梅木駿太,西田昂平 他:由布市介護予防事業における効果測定に向けた予備的検討−生活範囲・転倒恐怖感の数量化評価導入−.第18回 大分県理学療法士学会.2016
・ 長岡典幸,梅木駿太 他:当院における転帰先の予測に向けたフリーチャートの有用性の検討−回復期リハビリテーション病院転院患者を対象として−.第18回 大分県理学療法士学会.2016
・ 幸和貴,梅木駿太 他:重度意識障害を呈した被殻出血患者に対して積極的な離床を実践した一例.第17回 大分県理学療法士学会.2015
・ 渡邊詩織,梅木駿太 他:客観的な指標に基づく排泄動作自立度判定フローチャートの作成に向けた試み.九州理学療法士・作業療法士学会2015
・ 塚本蔵也,梅木駿太:頸椎症における肩関節可動域との関連要因についての検討.九州理学療法士・作業療法士学会2015
・ 梅木駿太,渡邊詩織 他:当院の脳梗塞および脳出血患者における転帰先の予測に向けた検討−自宅退院と回復期転院について−.九州理学療法士・作業療法士学会2014
・ 玉利誠,梅木駿太 他:脳卒中患者の転帰先予測のための Ability for Basic Movement Scale IIに関する神経画像形態学的一考察−拡散テンソル画像の Tract Based Spatial Statistics 解析を用いた予備的研究−.九州理学療法士・作業療法士学会2014
・ 甲斐玲奈,梅木駿太 他:当院の急性期脳梗塞患者における長下肢装具療法の治療効果判定に関する検討.九州理学療法士・作業療法士学会2014
・ 佳元寿枝,梅木駿太 他:当院における歩行動作自立度判定フローチャートの作成に向けた検討.九州理学療法士・作業療法士学会2014
・ 幸和貴,梅木駿太 他:当院における早期離床の実践−介入時間と起立性低血圧の発生率−.九州理学療法士・作業療法士学会2014
・ 梅木駿太,西田昂平 他:当院における早期離床の実践−重症者への充実した介入を目指して−.第15回 大分県理学療法士学会.2013
・ 後藤順司,梅木駿太 他:当院における3年間の入院患者動向−リハビリテーション処方された症例の転帰−.第15回 大分県理学療法士学会.2013

専門分野

医療経営・管理、医療の質、臨床疫学、脳卒中

著書、メディア活動など

・ 梅木駿太,幸和貴:脳血管障害(急性期).理学療法アクティブ・ラーニング・テキスト−神経障害理学療法学–,諸橋勇(編),pp,文光堂,東京,2020(執筆中)
・ 梅木駿太:急性期における脳卒中理学療法.極める脳卒中理学療法,斉藤秀之,加藤浩(編),pp,文光堂,東京,2018
・ 梅木駿太,幸和貴(他):脳血管疾患へのアプローチ.医療・介護者向けリハビリテーションマニュアル,大分県理学療法士協会・大分県作業療法協会・大分県言語聴覚士協会(編),pp18-36,大分,2016

経歴(職歴)

2006-2011
福岡徳洲会病院
2012-2019
河野脳神経外科病院
2019-現在
大分岡病院
学習システムのPCのイメージ画像
登録は3分で完了します!
いますぐ無料で体験入学しませんか?

入学後に利用いただく学習システムを利用して
40本以上のサンプル映像を視聴いただけます。
全サンプルを視聴完了後には「修了ミニテスト」も体験いただけます。
体験入学でしか視聴できない限定サンプルも公開中!

説明会で詳しく知りたい方はこちら