体験入学 今すぐ無料体験! Free Trial

コミュニケーション

communication
Business / Basic

この講座について

コミュニケーションという非常に抽象度の高いテーマを、「リーダーシップ」「チームビルディング」「コーチング」の3テーマに分けて学び、最終的には周囲を巻き込めるコミュニケーションのベースになり得る、「あり方(Being)」について考えていきます。リーダーシップについては「自己リーダーシップ」と「他者リーダーシップ」に分解し、アスリートやチームスポーツをケースに取り、大義や目的を言語化することの重要性、その作り方について説明します。

受講のメリット

単なるコミュニケーションスキルの習得に留まらず、自分の言葉で周囲を巻き込むことの重要性とその方法を本質から掘り下げて考えていきます。なぜ皆さんは周囲の方以上の努力を、準備を、挑戦度を上げようとしているのかを考えることで、日々の意思決定の判断軸を獲得できるようになります。またコーチングスキルについて取り上げ、傾聴/承認/質問の仕方を習得することでクライアントやスタッフとの関係性の構築向上にも役立つスキルを学ぶことができます。

担当講師

白崎 雄吾

Shirasaki Yugo
ビジネス・ブレークスルー大学事務局長 / ジャパンラグビートップリーグ アンバサダー
リクルートグループ2社を経て、(株)ビジネス・ブレークスルー入社。ビジネス・ブレークスルー大学の責任者として従事。大学運営を本務に、Jリーグやラグビートップリーグの選手、コーチ育成の講師としても活動。またアスリートのセカンドキャリア開発のためのアカデミー事業も立ち上げるなど精力的に活動中。
この講師の経歴や
実績・指導歴はこちら

サンプル動画

本講義のサンプル動画は今後公開予定です。サンプル動画追加のお知らせ、無料体験会員限定コンテンツの配信、その他アカデミーに関する通知を受け取る為には、こちらから無料体験入学を行ってください。既に公開されているサンプル動画はこちらのサンプル動画一覧からご覧いただけます。

講義映像コンテンツ

イントロダクション
  • 自己紹介
  • イントロダクション
  • マズロー5段階欲求
  • フロー理論
学習とは
  • 学びの4分類
  • 言語化の重要性
  • エビングハウスの忘却曲線
  • 学習を阻害する2大要因
  • InstructionとInteraction
リーダーシップを考える①
  • フィードバックの重要性
  • 知っていると、できるの壁
リーダーシップを考える②
  • ウエストポイントのリーダー育成
  • リーダーシップの4ステップ
  • Find myselfの定義
  • 知っていると、できるの壁
目的と目標①
  • Find myselfの方法
  • 目的と目標
  • 北京五輪女子ソフトボールチーム
  • 他喜力
目的と目標②
  • 2015年ラグビーワールドカップ日本代表
  • コントロールできること、できないこと
チームビルディング
  • 成功循環モデル
  • プロジェクトアリストテレス
コーチングスキル①
  • 傾聴/承認/質問
  • 聞くの5段活用
  • 外的傾聴と内的傾聴
コーチングスキル②
  • 美点凝視
  • ピグマリオン効果
  • For meとFor youの質問
  • まとめ

※2020年6月1日現在。カリキュラムは随時追加・更新されます。

学習システムのPCのイメージ画像
登録は3分で完了します!
いますぐ無料で体験入学しませんか?

入学後に利用いただく学習システムを利用して
40本以上のサンプル映像を視聴いただけます。
全サンプルを視聴完了後には「修了ミニテスト」も体験いただけます。
体験入学でしか視聴できない限定サンプルも公開中!

説明会で詳しく知りたい方はこちら