筋膜の基礎と応用

唐澤 幹男

この講座について

WHO(世界保健機関)の国際疾病分類は30年ぶりに改定しFasciaが基本構造物として追加されました。日本では筋膜と訳されるFasciaですが、筋膜とFasciaは厳密にいうと同じではありません。Fasciaに介入するとしびれや違和感が改善するケースが多くあります。本講義では『筋膜の定義』『構造』『姿勢や運動、知覚との関わり』『アプローチの方法』など順を追って丁寧に学び、臨床や現場で活用する手段を学びます。

受講のメリット

本講義を学ぶことによりFasciaが関わる問題の評価方法やFasciaへのアプローチを学ぶことができます。また従来の介入方法では改善できないケースや、原因が不明確な身体のしびれ、違和感、動きにくさ、よくわからない痛みについて介入する手段を得ることができます。

担当講師

唐澤 幹男Karasawa Mikio

理学療法士
Total Body Make 代表

インソールと筋膜から体を変えるスペシャリスト。日本に15人しかいないFascial Manipulation®︎specialist。全国で年間1000人以上に講師をしている。入谷式足底板上級修了、インソール2000足以上作製、日本代表の作製実績多数。

この講師の経歴や実績・指導歴はこちら

サンプル動画

Unit 筋膜の基礎と応用
Lesson 筋膜の基礎
Chapter 筋紡錘・固有感覚と膜

講義映像コンテンツ

筋膜の基礎
  • 膜とは
  • 筋膜の構造
  • 浅筋膜と深筋膜
  • ヒアルロン酸の滑走性と筋外膜
  • 支帯
  • 神経・関節・血管の膜
  • 筋紡錘・固有感覚と膜
  • 力学的伝達機能
筋膜配列とその変化
  • 筋膜配列の例(Anatomy train、Fascia Manipulation)
  • 筋膜配列への介入例
  • fasciaが原因で生じる症状に似た疾患
  • 筋膜変性と筋膜の痛みの原因
  • 筋膜の変性とその影響
  • 筋膜と静的姿勢・姿勢代償
  • 筋膜と運動の関連
筋膜の評価と介入
  • 筋膜評価
  • 筋膜の治療理論
  • 筋膜調整の禁忌あるいは注意が必要な疾患
  • 徒手介入のポイント
  • マッサージガンのポイント
  • 筋膜介入のポイント
  • 頭痛、目の痛みに対する介入
  • 上肢の痺れ、痛みに対する介入
  • 腰痛や体幹への介入
  • 下肢の痛み、痺れに対する介入
  • 筋膜に対する運動療法のポイント

※2019年7月1日現在。
カリキュラムは随時追加・更新されます。

無料説明会

参加申込受付中!

無料メルマガ会員募集中!

AZCARE ACADEMYでは、カリキュラムの更新、サンプル動画の追加配信を随時行ってまいります。メールマガジンに登録をしておくと、それらの最新情報のお知らせを受け取ることができます。ぜひご登録ください。

メルマガに記載されている
限定URLで視聴できます

バナー:特別オフライン講座「運動と栄養の統合」 バナー:2019年10月1日午前10時 第1期生入学お申し込み受付中!先着300名 バナー:無料説明会申し込み受付中! バナー:サンプル動画 バナー:ドキュメンタリー映像