足部と運動の関わり

唐澤 幹男

この講座について

足部は腓骨と脛骨、足根骨7個、中足骨5個、指骨14個、計28個からなり、両方で56個の骨からなります。足部には全身の1/4の骨があり、歩行時には足部が唯一床反力を捉え、全身に力を波及させます。足部の形の変化は床反力を変え、上位の関節に大きな影響を与え、運動連鎖や平衡反応を引き出します。本講座では足部・足関節の機能を丁寧に紐解き、運動の理解につなげていきます。また足部の機能解剖・感覚・バイオメカニクスから運動を考え、運動に足りない要素をパッドにより調整する方法を学びます。

受講のメリット

足部機能を正しく理解して運動指導や治療に応用するための知識を得ることができます。また足部機能を変化させ維持させることは徒手や運動療法よりもパッドを用いた方が圧倒的に簡単ですが、本講座を学ぶことで簡単にパッドを使い、足部へ介入する方法を学ぶことができます。

担当講師

唐澤 幹男Karasawa Mikio

理学療法士
Total Body Make 代表

インソールと筋膜から体を変えるスペシャリスト。日本に15人しかいないFascial Manipulation®︎specialist。全国で年間1000人以上に講師をしている。入谷式足底板上級修了、インソール2000足以上作製、日本代表の作製実績多数。

この講師の経歴や実績・指導歴はこちら

サンプル動画

本講義のサンプル動画は今後公開予定です。サンプル動画追加のお知らせ、メルマガ会員限定コンテンツの配信、その他アカデミーに関する通知を受け取る為には、こちらからメルマガ登録を行ってください。既に公開されているサンプル動画の一覧はこちらからご覧いただけます。

講義映像コンテンツ

歩行の基礎
  • 歩行と運動連鎖
  • インソールの実際
  • 歩行の原理原則
歩行のバイオメカニクスと介入
  • 立脚前期の歩行の特徴と問題のある歩き方
  • 立脚中期の歩行の特徴と問題のある歩き方
  • 立脚後期の歩行の特徴と問題のある歩き方
  • 足部から歩行を変える(矢状面)
  • 足部から歩行を変える(前額面)
  • 足部への感覚入力の効果
  • ジョーンズ骨折への対応例
  • 上行性運動連鎖のバイオメカニクス
  • 必要物品
足部から運動を変える実際
  • パッドの位置と歩行評価
  • 距骨下関節へのパッド
  • 第1列へのパッド
  • 内側楔状骨へのパッド
  • 第5列グループのへのパッド
  • 第2・3・4列のグループの見方
  • 足部機能と運動療法
  • 靴の機能

※2019年7月1日現在。
カリキュラムは随時追加・更新されます。

無料説明会

参加申込受付中!

無料メルマガ会員募集中!

AZCARE ACADEMYでは、カリキュラムの更新、サンプル動画の追加配信を随時行ってまいります。メールマガジンに登録をしておくと、それらの最新情報のお知らせを受け取ることができます。ぜひご登録ください。

メルマガに記載されている
限定URLで視聴できます

バナー:特別オフライン講座「運動と栄養の統合」 バナー:2019年10月1日午前10時 第1期生入学お申し込み受付中!先着300名 バナー:無料説明会申し込み受付中!(札幌) バナー:サンプル動画 バナー:ドキュメンタリー映像