体験入学 今すぐ無料体験! Free Trial

半田 瞳

Handa Hitomi
理学療法士 / 保健医療学博士
高崎健康福祉大学 講師

尿失禁の研究を専門とする。世界で初めて骨盤底筋群の機能から尿失禁のリスクを割り出す基準値を導き出し、尿失禁トレーニング「きゅきゅっと体操®」考案。筋膜マニピュレーション®のスペシャリストとして認定され、筋膜を用いた尿失禁治療を展開している。

所有資格

理学療法士

講師実績

専門学校も含めた教員歴9年(2010-)

セミナー講師実績

尿失禁ケアセラピスト養成コース、その他依頼を受けて尿失禁、womens healthおよび筋膜関係の講師を単発で実施

学術活動

論文発表

生方瞳,丸山仁司,霍明: 中高年女性の腹圧性尿失禁症状とインナーユニットの関係. 理学療法学, 2017.
Hitomi Ubukata, Hitoshi Maruyama, Ming Huo: Relationship between the phases of the menstrual cycle and the transversus abdominis muscle. J Phys Ther Sci 27(3), 563-565, 2015.
生方瞳,丸山仁司,霍明, 黄秋晨:超音波画像診断装置を用いた腰部多裂起因横断面積の男女差について. 理学療法学, 41(5), 301-305.

学会口頭発表

生方 瞳. (2015年5月). 腹圧性尿失禁とインナーユニットの関連性について. 第50 回日本理学療法学術大会(東京都)
生方 瞳. (2014年10月). 健常若年女性の月経周期と腹横筋の関係性. 第33 回関東甲信越ブロック理学療法士学会(千葉県)
生方 瞳. (2014年5月). 腰部多裂筋に影響を及ぼす因子. 第49回日本理学療法学術大会(神奈川県)

学会ポスター発表

生方 瞳. (2016年6月). 理学療法士によるインナーユニット機能を用いた尿失禁体操の満足度調査. 第53回日本リハビリテーション医学会学術集会. 京都.
Hitomi Ubukata. (Mar, 2016). Urinaru incontinence related factors in elderly women. 18th International Meeting of Physical Therapy Science. Chaina.
Hitomi Ubukata. (Sep,2015). Satisfaction Survey of the Effects on the Pelvic Floor Muscle Exercise by Physical Therapist.The 10th Beijing International Forum on Rehabilitation.China.

専門分野

Women's Health

著書、メディア活動など

Kinetikos ポッドキャストインタビュー Vol 87(2018年9月24日)

経歴 (職歴)

2002-2009
沼田脳神経外科循環器科病院 リハビリテーション科
2009-2010
月夜野病院 リハビリテーション科
2010-2012
A臨床福祉専門学校 理学療法学科 専任講師
2012-2013
国際医療福祉大学 保健医療学部理学療法学科
2013-現在
高崎健康福祉大学 保健医療学部理学療法学科
学習システムのPCのイメージ画像
登録は3分で完了します!
いますぐ無料で体験入学しませんか?

入学後に利用いただく学習システムを利用して
40本以上のサンプル映像を視聴いただけます。
全サンプルを視聴完了後には「修了ミニテスト」も体験いただけます。
体験入学でしか視聴できない限定サンプルも公開中!

説明会で詳しく知りたい方はこちら