運動器における超音波エコーの基礎とエコー活用法の紹介

岸田 敏嗣

この講座について

運動器超音波エコーはまだ歴史の浅いツールです。しかし、近年工学・画像処理技術向上の恩恵を受けてMRIよりも分解能(時間・空間・濃度・距離・速度)が高くなってきており、今まで見えなかった組織が見えるようになってきました。エコーは侵害刺激が無く、即時性のある、動的評価ができる唯一のツールです。また様々なアイデアを駆使して、体内で起こっている病態の把握・解明に利用でき、臨床やスポーツ現場での素早い対応、正しい治療に導けるとても有効なツールです。本講座では特にスポーツ分野に特化して、痛みを中心とした症状の理解と、超音波エコーの基礎、実際の現場での利用方法の提案を操作と画像を呈示しながら学んでいただきます。今まで想像でしかなかった病態の解釈が、視覚的に確認しながら行えるようになる為の基礎をお伝えしたいと思います。

受講のメリット

エコーを活用することで病態や組織の状態を評価して有効的な治療ができるようになります。特に動的評価は今までの概念を変えることができます。多業種間の共通言語としても有用です。超音波エコーは動的評価にとどまらず、治療前後の効果判定、治療手技の視覚化も可能で、個人のスキルの差を埋められる可能性があり、更なるスキルアップに繋げられます。

担当講師

岸田 敏嗣Kishida Toshitsugu

理学療法士
株式会社運動器機能解剖学研究所 取締役

30年以上急性期病院から難病・重心、内部疾患など様々な分野での理学療法を経験し、整形外科リハビリテーション学会の設立・運営に関わる。現在は臨床と教育機関、学会理事としての指導経験を生かし、運動器機能解剖学研究所と整形外科クリニックにて臨床・教育を行っている。

この講師の経歴や実績・指導歴はこちら

サンプル動画

本講義のサンプル動画は今後公開予定です。サンプル動画追加のお知らせ、メルマガ会員限定コンテンツの配信、その他アカデミーに関する通知を受け取る為には、こちらからメルマガ登録を行ってください。既に公開されているサンプル動画の一覧はこちらからご覧いただけます。

無料説明会

参加申込受付中!

無料メルマガ会員募集中!

AZCARE ACADEMYでは、今後担当講師のインタビュー記事やカリキュラムの更新、サンプル動画の追加配信を随時行ってまいります。メールマガジンに登録をしておくと、それらの最新情報や、募集開始のお知らせを受け取ることができます。是非ご登録ください!

メルマガに記載されている
限定URLで視聴できます

バナー:特別オフライン講座「運動と栄養の統合」 バナー:2019年10月1日午前10時 第1期生入学お申し込み受付開始! バナー:全国3都市で無料説明会を開催中!(東京・札幌・仙台) バナー:サンプル動画 バナー:ドキュメンタリー映像